<noframes id="txvh5"><ins id="txvh5"><span id="txvh5"></span></ins>
<var id="txvh5"><strike id="txvh5"><thead id="txvh5"></thead></strike></var>
<var id="txvh5"><strike id="txvh5"></strike></var><ins id="txvh5"></ins>
<var id="txvh5"><strike id="txvh5"></strike></var>
<var id="txvh5"></var>
<cite id="txvh5"><video id="txvh5"><menuitem id="txvh5"></menuitem></video></cite>
<cite id="txvh5"></cite><cite id="txvh5"></cite>
<ruby id="txvh5"><video id="txvh5"></video></ruby><cite id="txvh5"><video id="txvh5"><thead id="txvh5"></thead></video></cite><var id="txvh5"><strike id="txvh5"><listing id="txvh5"></listing></strike></var><cite id="txvh5"></cite>

営業マンの心得十か條

sales

作者:nibeer

       正值日本公司3月底除舊迎新的季節,我們公司也沒閑著,今天搞了一堆下一年度的營業目標,積累了很多案件,臉都綠了。估計今天回家又是10點了。發現最近我在公司喝飲料有了一個規律:早上一罐boss咖啡;中午吃完飯一瓶綠茶,消化油膩;晚上5點左右增加體力,一瓶營養劑。赫赫。

 

最近從別的公司得到一份銷售人員的心得十條,感覺挺有理,發上來大家分享。

 

1、売上第一主義に徹する。

 

  良い企業は売上高を著実に伸ばしている。

 

  良い企業は営業が優秀である。

 

2、営業マンは予算の必達が當たり前。

 

  売上予算の必達は営業の使命である。

 

  數値目標は徹底してこだわること。

 

3、営業とは筋書きのないドラマである。

 

  所詮相手のあること、シナリオ通りには行かないことを前提に置く。

 

  常に最悪の事態を想定し、代役を準備して置け。

 

4、受注は訪問件數に比例する。

 

  いくらITが発達しても最終的には「顔」である。

 

  営業マンに必要なことは迅速な行動力である。

 

5、人より余計働けば営業マンの努力は必ず報われる。

 

  楽して業績を上げた営業マンは一人もいない。

 

  今日の仕事は今日中に、顧客はレスポンスを求めている。

 

6、世の中に顧客は山ほどある。

 

  既存の顧客だけでは衰退する。

 

  新規の顧客を増やすことが會社の生命力である。

 

7、製品を売るより特徴を売れ。

 

  自社の特徴とは何か、日ごろから把握しておけ。

 

  競合との差別化がなければ物は売れない時代である。

 

8、自社製品の知識がなければ物は売れない。

 

  相手が不安を持つような知識では商談にならない。

 

  製造仕様の把握は営業マンの必須科目。

 

9、顧客が求めるものは安心感と信頼度だ。

 

  顧客は常に営業マンの顔色を窺っている。

 

  不安の解消は自身と実績の積み重ねに他ならない。

 

10、最後は誠意に優るものはない。

 

  クレームは逃げずに正面から受け止める。

 

  誠心誠意を盡くせば顧客は納得してくれる。

 

       我之前沒有想到的是第3條和第9條,這兩個都需要加強,當然其它也很重要。不過日本的銷售是不是和中國的不一樣吧,大家做個參考,至少可以知道日本公司的營業是這樣做的。跟日本公司打交道時就可以知道他們的心理了。赫赫。



                                                                                                                          (文章轉自小春論壇)

就職教科書

  • 我有話說
  • facebook
  • weibo
日本特黄高清免费大片,我和乡下妽妽的性故事小说,CHINA大学生GAYTXX,久久99国产精品二区
<noframes id="txvh5"><ins id="txvh5"><span id="txvh5"></span></ins>
<var id="txvh5"><strike id="txvh5"><thead id="txvh5"></thead></strike></var>
<var id="txvh5"><strike id="txvh5"></strike></var><ins id="txvh5"></ins>
<var id="txvh5"><strike id="txvh5"></strike></var>
<var id="txvh5"></var>
<cite id="txvh5"><video id="txvh5"><menuitem id="txvh5"></menuitem></video></cite>
<cite id="txvh5"></cite><cite id="txvh5"></cite>
<ruby id="txvh5"><video id="txvh5"></video></ruby><cite id="txvh5"><video id="txvh5"><thead id="txvh5"></thead></video></cite><var id="txvh5"><strike id="txvh5"><listing id="txvh5"></listing></strike></var><cite id="txvh5"></cite>