<var id="vjxlv"></var>
<menuitem id="vjxlv"><dl id="vjxlv"><listing id="vjxlv"></listing></dl></menuitem>
<var id="vjxlv"><video id="vjxlv"><thead id="vjxlv"></thead></video></var><var id="vjxlv"></var>
<cite id="vjxlv"><video id="vjxlv"><listing id="vjxlv"></listing></video></cite>
<cite id="vjxlv"></cite>
<var id="vjxlv"></var>
<var id="vjxlv"></var><var id="vjxlv"><strike id="vjxlv"><thead id="vjxlv"></thead></strike></var>
<var id="vjxlv"><video id="vjxlv"><listing id="vjxlv"></listing></video></var>
<var id="vjxlv"><video id="vjxlv"></video></var>

明治大學 留學生中的人氣選擇

明治大學

~明治大 留學生から選ばれる大學~

sample

明治大學は1881年、青年法律家が設立した明治法律學校が母體。凜とした姿勢の中に個を尊重する気風がいまも色濃く感じられる都市型大學だ。日本を感じ取りたい留學生へのサポートが手厚く安心できる環境がある。

明治大學_TOP畫像

PROFILE(左から)
菅野隆行さん (國際連攜部 國際教育事務室)

國際教育事務室は3年目。大學勤務は18年で、以前は教學関係の部門で従事。留學関係の企畫では、プログラム立案の経験を活かしつつ、全體統括として留學生支援を懸命に行っている。

江藤英樹先生 (法學部準教授 國際教育センター長)

幼少時にフランス在住歴あり。明治大學法學部で憲法を教えている。2014年4月より國際教育センター長として留學生を含む學生サポートの責任者。前職は日本語教育センター長で留學生に関する思いはひとしお。2016年度からはなじみのあるフランスでの在外研究が待っている。

那須みなみさん (就職キャリア支援事務室)

留學生の就職支援を擔當して3年目。學生に近い目線で、課題をいち早くキャッチし、留學生を採用したい企業と、卒業後も日本で働きたい學生のマッチングに燃える。

全國の日本語學校が選ぶ
日本留學AWARDS私立大學文科系部門(東日本)で
4年連続1位に選ばれています
菅野
講義

 様々なサポート體制の充実度が評価されておりますが、私たちとしては、當たり前のことをやっているだけで、それが入學希望の學生にとって心地いいサービスだと感じてもらえているのは喜ばしいことですね。

 大規模校でありながら、「學生一人ひとりに向き合う」気風が明治大學には昔からあり、そういう面が留學生サポートにも活きているのかもしれません。

 そんな中、「個を強くする」という教育理念を掲げていることもあり、留學生にも厳しく指導すべきところは遠慮なくおこなっています。日本で生活するうえで必要なことはしっかりと學んでもらいたいと思っています。

Q

愛情ある厳しい指導とは?

江藤

 具體的な例を挙げると支障がありますので、私の考えていることを抽象的に申し上げます。

 私のところに相談のある事例は、私たち日本人にしてみると當然のことと思っていることが、留學生にとっては當然ではなかったということが本當に多いです。1つ1つ話を聞くと、留學生がそのように考えた理由を理解できる場合もあります。しかし、その主張を通されてしまうと大學としては収拾がつかなくなったりする場合もあります。そうしたときは、丁寧に話をし、大學のルールを守るよう指導しています。


 私がとくに法學部の教員だからというわけではないのですが、留學生には日本の社會の決まりを教えていくように心がけています。たいていの案件は國際教育事務室の職員で対応してくれていますので、まとまりづらいレアなケースしか私のところには上がって來ませんけれど、方針としてはそのように心がけています。

スーパーグローバル大學創成事業
Q

英語學位コースの進捗狀況

菅野

 「スーパーグローバル大學創成支援」事業への採択に伴い、英語學位コースの充実にも今後、力を入れていかなければいけないところです?,F在、學部では國際日本學部にイングリッシュトラック(英語學士プログラム)があります。大學院では博士前期課程で理工學研究科建築學専攻と経営學研究科がダブル?ディグリー?プログラムそして専門職大學ガバナンス研究科で実施しています。博士後期課程では先端數理科學研究科と2014年度に開設されたグローバル?ガバナンス研究科があります?,F狀でいうと國際日本學部で1學年約20名の學生が英語コースで勉強しています。交換留學生や大學院生を含めると100人強くらいでしょうか。


 「スーパーグローバル大學創成支援」における構想調書にも示されていますが、英語學位コースは増やしていく方向です。中國や韓國からの留學生でも、語學力の高い學生が増えている印象があります。課題は、學部ごとに理念や方向性が異なるので、なかなか全學調整が難しい點ですが、國際連攜部門が全學の調整弁となれるよう、サポートをしていければと考えています。そのような中でも、語學能力を特別入試の出願資格として求めたり、一般選抜入試において英語資格?検定試験を活用する學部もあり、入試改革も著実に動き始めていますよ。

Q

明治大學SGUの取り組み

江藤

 最終的には、「『個』を強くする」と言う教育理念を達成するために大學の仕組みを変えていきます。

 総合的教育改革、國際プログラムの拡充、教職員だけでなく學生を巻き込んだ學生支援のとりくみなど、學生の主體的學びを確立します。國際化に向けて海外の教育機関とのネットワークの構築も欠かせません。

 東京とその他地域を有機的に結んだ研究活動の活性化も主體的學びをはぐくむキャンパスとするためには必要なことだと思っています。

 明治大學の「スーパーグローバル大學創成支援」事業では、在學生をグローバル人材として社會に送り出すことを目標とするプロジェクトで、その一つの方策として在學生が海外留學をすること、または明治大學にいながら、何等かの國際體験をするということを目指しています。

 後者の観點から言うと、英語コース拡充は、グローバル?キャンパスに向けて留學生が増えていくことで、國際體験空間の構築ができ、日本人學生への學びの相乗効果を生んでいくことにもつながる事業といえますね。

明治大學留學生の就職活動
Q

外國人留學生総數を教えてください。

菅野

?。玻埃保的辏翟拢比宅F在の學生數ですが、正規學部生(870人)大學院(384人)になります。うち中國人留學生は學部生(385人)大學院(258人)となっています。留學生は合計で44か國?地域から來ていて、上位トップ3は中國、韓國、臺灣となっています。

 歐米からの留學生も少しずつ増えていて、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、イタリアの學生も學んでいます。

Q

留學生の就職活動の実情はどうですか。

那須
那須みなみさん

クールジャパン構想のように、日本の文化を學びたいという人も増えていますが、留學生の7~8割は日本企業に関心を持ち、できれば日本で働きたいという希望をもって留學に來ていると思います。

このような學生は、日本の就職活動にうまくのっていけるかどうかが問われます。

日本の獨特な雇用環境を普段から意識している學生は、日本人學生と同じ形で一生懸命活動している人もいます。

いっぽう、動きだしが遅くなってしまい、準備が間に合わなかった學生も例年います。しかし、活動的な留學生は最終的に納得のいく進路を歩んでいるように思います。

2015年春には、文系では4割くらいの學生が日本で就職しました。

Q

就職活動が上手だった留學生の一例を教えてください。

那須

 韓國人の女子學生は印象に殘っています。こまめに事務室を利用しながら自分で積極的にうごき、內定を獲得していました。エントリーシートの書き方から模擬面接と、早くから対策に取り組んだ結果が実ったのだと思います。やはり、日本人學生より早めに動くことが重要です。在學中に就職先が決められなくても、ビザを延長することで卒業後も活動ができるので、実際にそのようにして活動を継続される方もいます。

菅野

 言い過ぎかもしれませんが、本學に在學する中國人學生は最近、あまり日本人と変わらなくなってきた印象があります。一昔前は留學のハードルも高かったのかもしれませんが、中國から日本へ、覚悟を決めて來ている印象がありましたが、最近はのんびりしている感じがします。そういった意味では日本人と同じスタンスでいると就職活動の狀況は厳しい感じがしますね。日本國內での就職をすると言った観點からすると、日本人學生より情報収集などではどうしても不利な狀況にはありますので、日本語力を磨くことはもちろん、自己分析や企業研究は早めに著手するべきだと感じています。日本人學生より早く、これらに取り組むことで実際の就職活動が始まった時に日本人學生とそれほど差が付かない狀態で採用ラインに乗っかっていくことができるように感じます。

Q

留學生採用企業は増えていますか。

那須

 例年増えているかなと思います。

 ここ1-2年留學生を採用したいという企業の來訪を多く受けています。

 ある程度日本語能力をもっている韓國人や中國人學生は、日本人學生と區別されることなく採用される場合も多いですが、ASEANの學生をとりたいという企業も増えています。

 新しい工場の建設や、市場の開拓などで、特定の國出身の學生を必要としてきていることが分かります。

Q

日本で働く際に重視される職能は?

那須

 企業によって違いますが、共通しているのはある程度の日本語能力です。企業內でのバックアップの體制はあると思いますが、仕事に影響が出ない程度の日本語力は事前につけておいてほしいと言われることも多いです。

Q

キャリア支援の課題をどうとらえていますか。

那須

 留學生の卒業後の進路把握がむずかしいですね。日本で就職すればある程度は確認がとれますが、帰國した學生のその後の進路を知りたいと思っています。また、留學生を積極的に採用したい企業と、日本で就職したい學生をマッチングすることに取り組んでいきたいと思います。企業側からもぜひ明治の留學生が欲しいと言ってくださいますし、學生も母國と日本の架け橋になりたいという希望を聞くと、何とかしてあげたいと思ってしまいますね。

明治の留學生教育と入試
Q

明治大學の日本語教育について教えてください。

菅野

 私費留學生は學部のカリキュラムの中に日本語の授業があるのでそれを受けてもらいます。そのほか、英語コースの學生や交換留學生を主な対象として中級レベルの日本語クラスを5グレードにわけて開講しています。

 日本語能力試験のレベルで言うとN4~N1合格を目指すくらいのレベルの授業です。初修レベルの留學生のためには、正規の授業ではありませんが、入門プログラムとして、日常生活に必要なサバイバルジャパニーズから、初級終了レベルの日本語能力を身に付けるためのプログラムを用意しています。

Q

明治大學が考えるグローバル人材の定義を教えてください。

江藤

 難しい問いですが、どこにいっても自分の力で、その場所で生きていける力なのかなと感じています。それをどうやって身に著けるのか。

 グローバル人材としての資質を企業がもとめていると感じることもあります。明治大學アセアンセンター(バンコク)の開所式に行くと、現地に支店のある日本企業の方が多くいらっしゃっています。そこで聞く現地で働く苦労話はさまざまなものがあります。グローバル化と一口に言っても、実際に國籍も価値観も違う人たちが多く集う環境でどう生き、働くのか、非常に難しいと思いました。今後、日本人が海外に行くことも含めて、グローバル人材を育成していくことを考え続けなければなりません。

Q

留學生入試について

菅野

 日本留學試験(EJU)のスコアは大切です。參考値はありますが、面接や小論文等様々な要素の総合判定となっており、EJUの數字がすべてではないので、合格點は公表していません。渡日前入試(EJUと書類選考)を実施している學部も増えています。渡日前入試や入學許可をおこなうといった観點からは、オンラインで出願できる仕組みやスカイプ面接の実施についても視野にいれていかなければいけないと思っています。出願書類についてですが、志望動機は明確であることが不可欠です。明治大學に入學をすることの意義や目的、目標などその內容はもちろんですが、書類を書く力から日本語能力も読み取ることができます。いずれにしても入學試験の合否は総合評価で決定しています。EJUの點數だけに視點がいってしまうのは少し問題です。

Q

留學生の奨學金について

菅野

 留學生全體のうち3割強の學生が何らかの奨學金を受給しています。他に一定の學力に達する學生が受けられる授業料減免の制度もあり、こちらはここ數年4~6割の學生が授業料の補助を受けていますね。
 留學生數が増えてくることで、奨學金の仕組みを考えなければいけない狀況にはなっております。平等に奨學金給付をおこなうということではなく、経済的支援が必要な學生を対象としたものや學習奨勵的な側面を強く意識したものといったようにバランスよく制度設計をするようには心がけています。

Q

行知學園の學生に一言メッセージをお願いします。

江藤

 明治大學は自由な學風です。ぜひやりたいことを探して自分の道を切り開いていってほしい。自分のやりたいことを見つけて、たくさんのことにチャレンジして4年間、キャリアを形成するステップとして大學を活用してほしい。

那須

 日本の企業で留學生は大きな戦力になると思います。まずは、自分はどういう人間になりたいか、どういう人生を歩みたいか、日本で勉強したことを今後どう活かしたいかということを念頭において學生生活を楽しんでいただけたらと思います。企業の人事はそういうところをよく見ていますから。

菅野

 挑戦する思いをもって入學してきてください。その挑戦する思いに応えるために、さまざまなメニューを用意してお待ちしてます。大學を変え、社會のしくみを変えていけるような人、自分の未來を切りひらいていける人になってほしいと思っています。

大學を訪問して
取材に訪れたのは東京のど真ん中、千代田區にある明治大學グローバルフロント。地上17階建ての新しい教育研究棟で、ネーミングにもグローバル化する時代の教育的ニーズをいち早く取り入れようとの意気込みが感じられます。建物の立派さに劣らず、教職員の方々の努力されている姿勢には並々ならぬものが。結局、グローバル化とは人と人の信頼と熱意が基になって成り立っていくものなのでしょう。

明治大學周辺の通り

明治大學ウェブサイト(國際連攜?留學)

亚洲久久超碰无码色中文字幕,高潮胡言乱语对白刺激国产,精油按摩,黄色电影网站
<var id="vjxlv"></var>
<menuitem id="vjxlv"><dl id="vjxlv"><listing id="vjxlv"></listing></dl></menuitem>
<var id="vjxlv"><video id="vjxlv"><thead id="vjxlv"></thead></video></var><var id="vjxlv"></var>
<cite id="vjxlv"><video id="vjxlv"><listing id="vjxlv"></listing></video></cite>
<cite id="vjxlv"></cite>
<var id="vjxlv"></var>
<var id="vjxlv"></var><var id="vjxlv"><strike id="vjxlv"><thead id="vjxlv"></thead></strike></var>
<var id="vjxlv"><video id="vjxlv"><listing id="vjxlv"></listing></video></var>
<var id="vjxlv"><video id="vjxlv"></video></var>